fbpx

犯罪被害者に寄り添い支える 公益社団法人 全国被害者支援ネットワーク

全国被害者支援ネットワークは、全国48の加盟団体と連携・協力しながら
犯罪被害に遭われた方々へ支援活動を行なっています。

全国にある「被害者支援センター」では、
犯罪被害に遭われた方に様々な支援を行っています。

被害者支援センターでは、 犯罪被害相談員、直接支援員、精神科医、公認心理師、臨床心理士、精神保健福祉士、弁護士など、さまざまな専門家をはじめとして、犯罪の被害に遭われた方(被害者ご本人・ご家族・ご遺族・関係者等)の多様なニーズにこたえる支援を行っています。

被害者支援センターは下記の2つを守ります。

秘密厳守
支援無料

被害者支援センターで行っている支援

電話相談・面接相談
専門的な訓練を積んだ犯罪被害相談員・直接支援員が相談をお受けします。
病院・警察・検察庁・裁判所などへの付添い
犯罪被害者の方が希望される場合、必要に応じて、
病院、警察、検察庁、裁判所に付添います。
また必要な各種手続きのお手伝いをします。
日常生活の支援
被害に遭われた直後の日常生活のお手伝いをします。
公的手続きのお手伝い
行政窓口、行政機関等での手続き・申請等のお手伝いをします。
カウンセリングの提供
専門家が心理的支援(カウンセリング等)を行います。
自助グループへの支援
同じような被害にあわれた被害者の方へ
交流場所の提供や活動の支援を行います。

※支援内容については最寄りの被害者支援センターにお問い合わせください。
また、ご相談内容によって支援できることが異なります。
全国の被害者支援センター一覧はこちら

被害者支援センター・犯罪被害者等電話相談窓口では、
犯罪被害にかかわるご相談をお受けしています。

注:全国48箇所の被害者支援センターで2017年度に受理した罪種別割合です。
罪種=犯罪の種類を指します。上記表の通り、殺人(傷害致死)、強盗(致死傷)、暴行・傷害、その他身体犯(人の生命・ 身体に対する侵害を指します)、強制性交、強制わいせつ、その他の性被害、危険運転致死傷、交通死亡事故、交通事故、財産的被害、DV、ストーカー、虐待などがあります。